塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

塗装工事における色選び(江連)屋根塗装・外壁塗装・防水工事・雨漏り対策はとちのき塗装テック【那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町】

2021.02.14 (Sun) 更新

 

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町近辺のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく那須塩原支店の江連です!

 

今月から急に音声SNS「クラブハウス」が注目を浴びてますね。

各著名人も使用していることで新たなSNSツールとして定着するんでしょうか。

 

さて、本日は外壁塗装の色選びについてお話いたします。

いざ外壁の塗装をしようとなった時に多く聞かれるお悩みが「色をどう決めたら良いのか分からない」という事です。

実は見本を見て、そのイメージをそっくりそのままご自身の家で再現するというのは、かなり難しい事です

色彩感覚は人によって異なりますし、その感じ方のギャップを無くすのも労力が要ります。

実際に塗装で色を決める時には、『色見本』を見て、この色にしようと決める事になります。

その種類は4パターンです。

 

 

①カタログ見本

カタログの見本は、実際に塗装をする塗料メーカーが出しているカタログに色見本が付いている物です。

塗料が決まったら、最初に「この中から色を選んでください」と案内させて頂きます。

カタログ見本はその塗料メーカーが品質やユーザーからのニーズを捉えて推奨する標準色です。

既に品質や需要を捉えている色ばかりですので、カタログを見た時点で、例えば茶色系にしたいと思っている方が「こんな色が良かったんだよな」と具体的に色を絞る事が可能になります。

 

どんな色にしたいか決まっていない方でも、カタログを見る事でこの系統の色がいいな、とイメージが付いてきますので、カタログの色見本は色決めの初期段階で1度、見ておきましょう。

色決めの際に塗料メーカーのカタログの色見本は、1番最初に目にする基本形です。

 

②色見本帳の見本

色見本帳は、一般社団法人日本塗料工業会が発行している、600色以上を収録した実用色の見本帳です。

もし塗料のカタログから希望の色が見つからない場合は、この色見本帳から色を選ぶ事になります。

なぜならこの見本帳は、共通の色が規格化しているものなので、どの塗料を使用したとしても、振られている番号を指定すればカタログになかった色でも選べるようになります。(これを調色(ちょうしょく)と言います)。

 

例えば「クリーム色が良いのだけれど、黄色味が強い方と弱い方ではどちらが良いのか、カタログだけでは決めきれない」

となった場合は、色見本帳が参考になります。

色見本帳は色の種類が600色以上と多いですが、塗料メーカーのカタログにある標準色では無いので

数年後のちょっとした傷の修繕(タッチアップ)の際などには再度発注をする必要が出てしまう場合など経済的ではありません。

また塗料によっては対応出来ない色も中にはあります。

後になって使用できない色だったと判明しないように、希望の色は1つずつ対応可能かを、相談して頂ければと思います。

 

③カラーシミュレーションの見本

当社ではカラーシミュレーションで色の見本を見る事が出来ます。

色の見本と同時に、ご自身の家でシミュレーションをすれば完成想像図が出来ますので、よりイメージを固める事が出来ます。

カラーシミュレーションの強みは、ツートンカラーなど塗り分けをしたい時や、あまり見かけない色でも試しにイメージが見られるという事です。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

④A4サイズの色板見本

最後は、A4(21cm×29.7cm)サイズの色板見本です。

塗り板見本とも言われますが、最終的にこの色にしようと絞りこんだ色を、実際にはどの様に見えるかを最終確認する見本になります。

色見本帳やカラーシミュレーションはサイズが小さいので、光の加減や立地条件による実際の色の見え方という所まで想像しにくいのですが、

A4サイズの色板見本であれば、実際に外で外壁に当て込んで見る事で、色の見え方というのが大方分かってきます。

日陰や日向だとどう見えるかという所まで実際に見る事で、

もう少し明るい・または暗い色の方が良いかもしれないという判断基準になりますので、

見本を見ていく中で最後には必ずA4サイズの色板見本を家の外で見る事で、仕上がりのイメージを見ましょう。

カタログや色見本帳、カラーシミュレーションは手元で見る小さなサンプルなので、

それが実際に大きな建物に塗られた時は、面積効果」の差を感じます。

面積効果とは、同じ色でも面積が大きくになるにつれて彩度や明度が変わって見え、思っていたよりも明るかったり、暗かったりと見える現象です。

明るめの色はより明るく、暗めの色はより暗く見える事が多いので、

小さいサンプルで見ている色は実際に塗装した時には、1トーン明るく、または暗くなるとイメージしておくといいです。

見本を見る時は、室内と室外でも色の見え方が変わることを理解しておきましょう。

理由は、室内は蛍光灯の下で見本を見ますが、屋外では太陽の自然光の下で見るので、白や色のついた蛍光灯とは見え方が変わってくるからです。

これは晴天の日や曇りの日でも左右されて来ますが、実際に塗装した色を見るのは屋外ですから、

サンプルは必ず屋外でも見て、どの様に見え方が変わったかを確認

すると良いです。

ここで「ワントーン暗くした方が良いかも」や「もう少し明るい方が好みかな」とちょっとした事に気付けます。

希望の仕上がりに差異が出ない様に、カタログやシミュレーションを使って色を絞り込んだ上で、

更に近隣などで私たちが施工した理想に近い色の家があれば、

ご案内させて頂きます。

お客様の希望のお色で納得・満足頂けるような施工を目指していきます。

 

とちのき塗装テックは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り対策専門店です。

とちのき塗装テックは創業92年のKPCグループ(郡山塗装)です。

屋根塗装・外壁塗装をお考えの際はとちのき塗装テックにお気軽にご相談ください!

お問い合わせコチラ

 

屋根塗装や外壁塗装の他にも雨漏り対策・シーリング工事・屋根改修・外壁改修・ベランダ防水・屋上防水・各種リフォーム工事・玄関ドア交換など、お住まいのことならなんでもお任せください!

 

【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)

住所:栃木県那須塩原市島方31-3

電話番号0120-123-560

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

営業時間 900~1800

お気軽にお電話ください!

 

 

屋根塗装・外壁塗装のプランはコチラ↓↓

外壁塗装・屋根塗装メニュー

価格のご参考にしていただければ幸いです(^^)

 

 

那須塩原市・大田原市・那須町・大田原市周辺の施工事例はコチラ↓↓

とちのき塗装テックの施工事例

色やプランのご参考にどうぞご覧ください!

 

 

YouTubeはじめました!

YouTubeにて屋根塗装・外壁塗装に関する情報を配信しています!

チャンネル登録よろしくお願いします(^^)

とちのき塗装チャンネル・プロタイムズ那須塩原店の動画はコチラ

 

 

LINEでの相談もお待ちしております!

来店や電話での相談はハードルが高い(>_<)

そんなときは是非LINEでご相談ください!

LINEのID検索にて「@395jrbvp」を入力!!お友達登録よろしくお願いします!

 

 

とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)のホームページも是非ご覧ください!

プロタイムズ那須塩原店HPコチラ

 

 

創業92年のKPCグループ 株式会社郡山塗装のホームページコチラ

 

とちのき塗装テックの施工事例

施工事例をもっと見る