初めて塗装工事をご検討されている方はぜひお読みください! 塗装の基礎知識

栃木県で塗装をする時に始めに知っておくべき知識

塗装成功の可否は 塗装会社選び で決まります!!塗装をする時に始めに知っておくべき知識

外壁や屋根の塗装は大切なマイホームを守るために一定のサイクルで行わなければいけない大切なメンテナンスです。
お客様の中には外壁や屋根の塗装は美観(見た目)のためだけに行うものであると思われている方もいらっしゃいますが、そうではありません。
外壁や屋根は一年中、雨や風、太陽光にさらされ続けています。そのため少しづつ劣化していきます。これを放置しておくと、劣化がどんどん進行しシーリングのひび割れやクラックから雨水が浸入し大切な我が家が著しく傷んでしまうことがあるのです。

おそらく、いまこのページをお読みいただいている方は

「そろそろ外壁塗装の時期かな?」
「訪問販売の営業マンに家が劣化しているといわれたけど実際のところどうなんだろう?」
「外壁塗装は決して安いわけではないから安心して任せられる業者を選びたい」

このような気持ちをお持ちかと思います。

そこで、外壁・屋根塗装に関する基礎的なことについてご紹介させていただきます。
このページを読むことで、適正価格で心から納得できる塗装工事を行う業者を選ぶヒントにしていただけたら幸いです。

オペレーター

相談・診断・見積は無料です!!お気軽にご連絡下さい。

電話でお問い合わせの方はこちら 0120-300-758電話受付時間 9:00~18:00

来店予約でQUOカードプレゼント ショールームへ行こう! お気軽にご相談ください お見積り依頼はこちらから

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

栃木県宇都宮市、那須塩原市の皆様へ
外壁塗装・屋根塗装を検討されている方に知っていただきたいこと

そもそも塗装・リフォームはなぜ必要なのでしょうか?

当たり前ですが、外壁や屋根が傷み始めてくると、外壁塗装や屋根塗装工事が必要になります。しかしながら「新築してから何年経ったら塗装をしないといけません」という決まりはありません。自動車なら車検があるので分かりやすいのですがお家にはありません…

塗装業界に昔からある慣例として、以前からある塗り替え時期について、「4~5年程度とか、10年程度」という事は聞いたことがあるかと思います。それは実際に適合するお家はありますが、正しくは「お家の状況に応じて塗替え時期は変わる」という事です。 何千万円をかけて建てたお家を長持ちさせる事によって、資産価値の保全を行なう事ができますので、塗装工事を行った方が良いのです。

後悔しない塗装リフォームにするための 3つのポイント!

POINT 01塗装リフォームは美観のためだけではない!建物の寿命を延ばすことも重要な役割の1つ!

塗装リフォームをする目的を美観(見た目)のためだけと誤解しているお客様は意外と多くいらっしゃいます。
たとえば、
「壁が汚くなってきたから」
「壁にひびが入ってしまって見た目が良くないから」

などです。
確かに、外壁や屋根の見た目をきれいにするという役割が塗装リフォームにあるのは事実です。
しかし、実際は建物の寿命を延ばすという最重要の役割が塗装リフォームにはあるのです。
外壁や屋根のメンテナンスを怠ると、外壁にできたヒビ割れから雨漏りが外壁内部に浸入し、建物の柱や梁を腐食させることがあります。雨漏りは屋根からするものと思っていらっしゃる方も多いですが、外壁からの雨漏りもあるのです。
また、外壁のひび割れを放置しているとシロアリの被害を受けることもあります。
このように塗装リフォームは、美観のためだけではなく、建物の寿命を延ばす役割があるのです。

POINT 02塗装リフォームをする適切な時期を知る!

「塗装リフォームを行う時期はいつが適切なんだろう?」
これは、マイホームを持っている方なら誰しもが気になることだと思います。
しかし、明確に何年経ったら塗装をしてください!と基準を設けることはできません。
なぜなら、築年数や使われている塗料、その建物がさらされている環境などによって塗装の時期は異なるからです。
「じゃあどうやって塗装のタイミングを知ればいいの、、、」
という声が聞こえてきそうですが、安心してください!
塗装の時期をも極めるポイントが2つあります。

塗り替えのサイン①:外壁の汚れや色あせが目立つようになってきたとき
ご自宅の美観を大きく左右するのは外壁や屋根です。その外壁に新築同然の美しさを取り戻してもらうために外壁塗装を決断するというのは正しい選択です。外壁の色を変えることで、これまでの我が家の雰囲気を変えてみるのもいいかもしれません。
塗り替えサイン②:外壁の保護機能が失われているとき
「雨」や「風」そして「紫外線」から家を守る役割が塗装にはあります。塗装をすることで家全体が塗膜というものに覆われ、劣化を進行させる紫外線を防ぎ、雨が家の内部に浸入しにくくすることができます。驚くことに雨漏りは屋根からだけでなく、壁からもするものなのです。外壁にひびや剥がれがあったり、壁を触ったときにチョークの粉のようなものが手につくようであれば要注意です。塗装をおろそかにしていると大切な我が家の寿命を縮めてしまうかもしれません。

この2つのポイントから塗装をする時期を見極めてみてください。

しかし、お客様自身で塗装の時期を判断することには限界があります。

塗装の時期を見極める最もいい方法は専門家に診断してもらうことです。
とちとき塗装テックでは無料外壁診断や無料雨漏り診断などを行っています。有資格者が責任をもって外壁や屋根の劣化状況をお伝えいたします。

こんな症状でお悩みの方はご注意下さい!

  • イメージ 色あせ
    色あせ

    経年により外壁塗装・屋根塗装に含まれる樹脂が劣化し塗装の色が変わったり、ツヤが落ちてきます。
    塗り替え時期の初期症状です。

  • イメージ チョーキング
    チョーキング

    外壁塗装・屋根塗装の塗膜が劣化すると白い粉が手につきます。防水性が悪くなっているので塗り替えを考え始めた方が良いです。

  • イメージ 外壁・屋根のコケ・藻
    外壁・屋根のコケ・藻

    ★★

    コケや藻は外壁塗装・屋根塗装の塗膜の劣化により防水性が低下している箇所に発生しやすい状態です。

  • イメージ さび(トタン屋根)
    さび(トタン屋根)

    ★★★

    サビは放置すると他の箇所に広がり、表面だけでなく内部も腐食しますので早めに対処しましょう。

  • イメージ コーキング
    コーキング

    ★★★★★

    紫外線劣化によりコーキングに含まれる可塑剤が抜けるため、ひび割れや痩せ現象が発生します。そこから水が入り込み雨漏りの原因となりますので早めに対処しましょう。

  • イメージ 外壁のひび割れ
    外壁のひび割れ

    ★★★★★

    外壁塗装のひび割れは軽視しがちですが、広がったり深く割れてしまうと雨水が浸入し雨漏りの原因となるので早めに対処しましょう。

早期発見でお家長持ち劣化度チェック指標

とちのき塗装テックの無料診断はこちら

POINT 03塗装リフォーム後の保証力で選ぶ!

塗装リフォームでは施工後の保証が大切です。
保証制度が整っていないと、塗装リフォーム後に何かの不具合が起きたとしても対応してもらえない可能性があります。
ここで注意しておきたいことは、塗装リフォームの不具合は施工直後には顕在化しにくいということです。塗装リフォームの場合、不具合が出るかどうかは施工後すぐに判断することは困難です。ですので、最初はきれいに塗装できていたと思っていても、5年もしないうちに塗膜が剥がれ始めることもあります。
施工後に定期点検やアフターフォローをしっかりと行って頂ける保証制度が整った会社を選ぶことで、いざという時でも安心して対応してもらうことができます。
自社保証や塗料メーカー保証が整備されている会社であれば施工時・施工後どちらも安心して任せることができ、長く快適なお家に住むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました

ご不明な点等ございましたら、お気軽に一度ご相談ください!

とちのき塗装テック
株式会社とちのき塗装テック
代表取締役 佐藤 隆

最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございます。 失敗しないための外壁塗装・屋根塗装のチェックポイントをお伝えさせていただきました。

もし分からない事やご不明点などございましたら、とちのき塗装テックまでお問合せください。相談に乗ったからといって、強引な営業は絶対に行ないません。そのようにとちのき塗装テックの社内で教育しております。もしそのような事があった場合には、弊社までお声掛けいただけますと幸いです。

これからも栃木県宇都宮市、那須塩原市の外壁塗装、屋根塗装専門店 とちのき塗装テックをどうぞ宜しくお願い申し上げます。