塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町】外壁塗装 シーリングの劣化について(遠藤)屋根塗装・外壁塗装・防水工事・雨漏り対策はとちのき塗装テック

スタッフの日常 2021.03.29 (Mon) 更新

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町近辺のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく㈱とちのき塗装テック(プロタイムズ那須塩原店)の遠藤です!

 

みなさん、住宅の目地に打たれる「シーリング」の寿命はご存じですか?

シーリングには、ゴムのように柔らかくするための「可塑剤」と呼ばれる成分が配合されています。

これによって柔らかくなることで、サイディングボードなどの外壁の動きや膨張・伸縮に対しても、シーリング自体が伸び縮みすることで、動きを吸収するクッションの役割や目地から水が入るのを防ぐ役割を果たしています。

ところが、紫外線にさらされることにより、この可塑剤は揮発してしまいます。すると、シーリングは柔らかさを失い、徐々に縮み、硬化していきます。

そうして外壁の動きに耐え切れなくなり、シーリングはひび割れを起こします。そのため、シーリングは5~7年程度が寿命と言われております。

結構、シーリングがひび割れているお宅は多いんですよ~!

屋根や外壁は一見キレイで、特に劣化してないように見えますが、意外とこのシーリングが劣化していた!なんてことはよくあります!

ここで注意したいのが、ご自身で手の届く範囲だけとりあえず市販のシーリング材を使って補修をする方もいらっしゃいます!

がしかし、シリコンシーリングで補修は絶対にしないで下さい!

外壁のひび割れもシリコンは使用しないで下さい!

その上から塗装できなくなってしまいます!

シリコンの上に塗料が乗らないので、剥がれの原因となります。

もしご自身で補修する際はポリウレタンか変性シリコンを使用して下さい。ホームセンターに行けばどの種類が塗装可能かPOPが張ってあることもあるのでよく確認して購入しましょう。

シリコンが使われている箇所は、塗装する前に撤去しますが、完全に取り除くことはできません。なので、密着性を高める為に専用のプライマーを塗布してから塗装しますが、絶対剥がれない訳ではないので、やはりシリコン系のシーリングは外壁に使用しない方がいいです。

適材適所で材料は選定しましょう!

とちのき塗装テックは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り対策専門店です。

とちのき塗装テックは創業92年のKPCグループ(郡山塗装)です。

屋根塗装・外壁塗装をお考えの際はとちのき塗装テックにお気軽にご相談ください!

お問い合わせコチラ

 

屋根塗装や外壁塗装の他にも雨漏り対策・シーリング工事・屋根改修・外壁改修・ベランダ防水・屋上防水・各種リフォーム工事・玄関ドア交換など、お住まいのことならなんでもお任せください!

 

【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)

住所:栃木県那須塩原市島方31-3

電話番号0120-123-560

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

営業時間 900~1800

 

屋根塗装・外壁塗装のプランはコチラ↓↓

外壁塗装・屋根塗装メニュー

 

那須塩原市・大田原市・那須町・大田原市周辺の施工事例はコチラ↓↓

とちのき塗装テックの施工事例

 

YouTubeはじめました!チャンネル登録よろしくお願いします!

とちのき塗装チャンネルはコチラ

 

LINEでの相談もお待ちしております!

LINEのID検索にて「@395jrbvp」を入力!!お友達登録よろしくお願いします!