塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

塗装工事に必要不可欠なもの!【宇都宮市・さくら市・塩谷郡】|とちのき塗装テック宇都宮店

2021.08.05 (Thu) 更新

㈱とちのき塗装テック プロタイムズ宇都宮店の稲川です。

 

「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。

 

本日は、テーマにも下通り、「塗装工事に必要不可欠なもの!」に関して、ブログを書いていきます。

 

「下塗り塗装ってほんとに必要なの?」

「費用を抑えたいから下塗りはなしでも大丈夫?」

 

なんて思っているお客様も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、塗装工事において下塗り塗料は絶対に必要です。

 

 

 

※下塗り時の様子

 

 

では、なぜ下塗り塗装が必要なのか説明していきます!

 

下塗り塗料とは、塗装工事で最初に壁や屋根などに塗る塗料のことで、仕上げに塗る塗料とは違い乳白色や透明な色をしています。

塗装工事では、まず外壁のひび割れの補修や高圧洗浄をした後に、下塗り塗料を塗っていきます。

その後に中塗り、上塗りをしていくのですが、この時に下塗りを行なっていないと、どんなに高性能の塗料で仕上げてもすぐに剥がれてしまうなどの不具合が発生してしまいます。

そのため、塗装工事では下塗り塗料を塗るという工程は必要不可欠だと言えるのです。

 

 

それではなぜ、下塗り塗料を塗らないと不具合が発生してしまうのでしょうか。

 

 

1.【役割①】外壁と上塗り塗料を接着させる

上塗り塗料には接着力がほとんどなく、そのまま外壁に塗ってもすぐに剥がれてしまいます。そこで重要になるのが下塗り塗料。外壁と上塗り塗料を密着させる接着剤のような役割を果たすことで、上塗り塗料の密着性が高まり、早期で剥がれてしまうといった事態を防ぎます。

 

2.【役割②】傷んだ外壁に上塗り塗料が吸い込まれるのを防ぐ

下塗り塗料は、傷んだ外壁への「塗料の吸い込み」を止める役割も果たします。下塗り塗料を使うことで、傷んだ外壁に塗料が吸い込まれるのを防ぐことができるため、上塗り塗料が外壁に吸い込まれることなく、色ムラ・艶ムラのない仕上がりにすることが可能です。

 

3.【役割③】塗装の機能を向上させる

上塗り塗料と同じように、下塗り塗料にも様々な機能を持つものが存在します。代表的なものは「下地表面を固める機能」「防カビ機能」や「防サビ機能」、太陽熱を効果的に反射する「遮熱機能」などです。住まいの下地や周辺環境にあった下塗り塗料を組み合わせることで、塗装の効果を底上げさせることが可能になります。

 

4.【役割④】下地の色を隠すことで、仕上がりをキレイにする

下塗り塗料は現在の外壁色を覆い隠す「隠ぺい性」を持っているものもあります。例えば濃い色から淡い色に塗り替える場合、もとの外壁(下地)の色が透けてしまい、思った通りの色にならない場合もあります。そんな場合には、白色の下塗り塗料をたっぷり塗って下地の色を少しでも隠すことで、より綺麗な仕上がりにすることができます。

 

 

いかがでしょうか。

少し長々と書いてしまいましたが、そのくらい下塗りは重要なということです!!

下塗り塗料についての情報を最低限知っていることで、よりお客様のイメージに近づけることが出来るかと思います。

 

是非参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

==============================================

 

とちのき塗装テックでは各種SNSを更新中!!

ぜひご覧ください!

宇都宮店のInstagramはこちら

とちのき塗装テックのFacebookはこちら

とちのき塗装テックのYouTubeはこちら

 

 

栃木県宇都宮市・さくら市・塩谷郡・芳賀郡で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、

屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「プロタイムズ宇都宮店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ

0120-300-758 

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

受付時間 9:00~18:00

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

https://protimes-utsunomiya.com/contact/

 

株式会社郡山塗装のホームページはこちら

https://fukushima-toso.com/

 

 

==============================================

 

とちのき塗装テックの施工事例

施工事例をもっと見る