塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

タスペーサーとは(田子)【那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町周辺の屋根塗装、外壁塗装ならとちのき塗装テック】

塗装の豆知識 2021.08.19 (Thu) 更新

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町近辺のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく那須塩原支店の田子です!

 

いきなりですが、「タスペーサー」というものをご存じでしょうか?

上の写真がタスペーサーです。

これは、屋根塗装を行うときなどに、「縁切り」をするために使用します。

では、縁切りとはどういった作業で、何のために行うのか説明していきます。

 

縁切り

スレート瓦の屋根を塗装するときに、瓦と瓦の重なり部分が塗膜(塗料でできる膜)で塞がれないように人工的にすき間を作る作業のことを「縁切り」と呼びます。

なぜすき間を作る必要があるのかというと、瓦の重なり部分が塞がれたままであると雨水が瓦の外に出ることが出来ないからです。出口を失って外に流れ出られなかった雨水は、屋根の内部に溜まって雨漏り等を引き起こす原因となる可能性があります。

そのため、スレート瓦の塗装の際は縁切り作業がとても大切です。

 

縁切り方法

縁切りは、「かわすき」や「カッター」などといった工具を使ってスレート瓦が重なり部分を塞いでいる塗膜を切っていきます。

また、最初に紹介した「タスペーサー」を使用して縁切りをすることもあります。

一枚一枚重なり部分を切っていく作業は時間がかかってしまうため、近年はタスペーサーを使用しての縁切りが主流となってきています。

 

<タスペーサーの設置>

瓦と瓦の重なり部分にタスペーサーを差し込むことで、雨水が流れ出るすき間を作ることが出来ます。

 

縁切りは手間がかかってしまう作業でもあるため、縁切り作業を行わないで塗装をされてしまうケースもあります。しかし、この作業を怠ってしまうと雨漏りや、屋根の劣化を早める原因となる可能性が高まりますので、スレート瓦の屋根塗装の見積もりをご覧になる際は、縁切りやタスペーサー設置といった項目があるかどうかの確認を行っていただきたいです。

 

「雨漏りがしている!」「屋根の状態が気になる!」といった方は、ぜひご相談ください!

外装劣化診断の資格を持ったスタッフが、無料でお住まいを診断いたします。

 

屋根塗装・外壁塗装・雨漏り補修などを検討の際は、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせコチラ

 

屋根塗装や外壁塗装の他にも雨漏り対策・シーリング工事・屋根改修・外壁改修・ベランダ防水・屋上防水・各種リフォーム工事・玄関ドア交換など、お住まいのことならなんでもお任せください!

 

【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)

住所:栃木県那須塩原市島方31-3

電話番号0120-123-560

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

営業時間 900~1800

お気軽にお電話ください!

とちのき塗装テックの施工事例

施工事例をもっと見る