塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

雨漏りは天井からだけじゃない!?(田子)【那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町周辺の屋根塗装、外壁塗装ならとちのき塗装テック】

2021.10.07 (Thu) 更新

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町周辺のみなさん、こんにちは!

屋根塗装・外壁塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく那須塩原支店の田子です!

 

雨漏りは天井からのイメージが強いですが、実は外壁からも雨漏りが生じるケースもあるのです!

本日は外壁から生じる雨漏りについてお話させていただきます。

 

なぜ外壁から雨漏りが生じるの?

外壁に生じている隙間やひび割れ等から水が浸入することで、外壁からの雨漏りが発生します。

雨漏りが生じやすい箇所
  • シーリングのひび割れ・断裂

シーリングとは、外壁材の繋ぎ目や窓のサッシまわり等に充填されている部材で、コーキングとも呼びます。

シーリングは紫外線の影響で劣化して、断裂やひび割れ等が生じます。

その隙間から雨水などが浸入することで雨漏りになる可能性があります。

 

  • サッシまわりのひび割れ

サッシまわりに充填されているシーリングも劣化すると、割れや断裂が発生して雨漏りの要因となります。

さらに、窓の固定が不安定であると外壁からサッシが浮いてしまい、外壁とのすき間から水が浸入する恐れもあります。

     

    • 外壁のひび割れ

       

         【ヘアークラック】             【構造クラック】

    外壁に生じたひび割れからも水が浸入すると雨漏りが発生します。

    左の写真は「ヘアークラック」と呼ばれ、深さが0.4mm以下・幅が0.3mm以下の細いひび割れです。

    このひび割れからは水が浸入する可能性は低く、雨漏りの心配もございません。

    しかし、ひび割れが進行して深く・太くなってしまうと雨漏りに繋がる恐れもあります。

     

    右の写真は「構造クラック」と呼ばれ、ヘアークラックよりも深く・太いひび割れです。

    ひび割れが深い場合は外壁の内部に水が浸入する恐れがあるため、雨漏りの要因になると考えられます。

     

    • 水切りの劣化・外壁との隙間

      

    水切りはベランダの下や基礎と外壁の境目など、外壁の様々な箇所にみられる板金部分です。

    この水切りが劣化してサビが発生したり、まわりに充填されているシーリングが割れたりしてしまうと隙間が発生して雨漏りの要因となる可能性があります。

     

    • 幕板のひび割れ・外壁との隙間

    写真にある板材を幕板(まくいた)と呼びます。

    幕板と外壁の境に隙間やひび割れが生じると雨漏りを誘発する可能性があります。

     

    以上のような箇所から雨漏りが発生する可能性があります。

    外壁から生じる雨漏りは、天井からの雨漏りと比べて気が付きにくく、知らないうちに進行してしまうことが多くあります。

    雨漏りが進行するとシロアリが発生したり、湿気によって建材が腐食してしまったりという事態も招きます。

     

    「もしかして雨漏りしているかもしれない?!」と思った際には専門の業者にお早めに調査を依頼していただくことをお勧めします。

    お困りの際はお気軽にご相談ください。

     

    【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)

    住所:栃木県那須塩原市島方31-3

    電話番号0120-123-560

    年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

    営業時間 900~1800

    お気軽にお電話ください!