塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【那須塩原市・大田原市・那須町・矢板市】外壁塗装前のシーリング工事(遠藤)外壁塗装、屋根塗装、雨漏り対策、防水工事、雨樋交換ならとちのき塗装テック

塗装の豆知識 2021.02.27 (Sat) 更新

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町近辺のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく㈱とちのき塗装テック(プロタイムズ那須塩原店)の遠藤です!

 

 外壁塗装をする前に、重要な工程があります。

綺麗に仕上げる為に、ひび割れなどの劣化部を補修するなど下地処理を行いますが、

今回はシーリング工事について解説します。

窯業サイディングの外壁の場合、目地やサッシ周りにシーリングが打たれてあります。

このシーリングが下の写真のようにひび割れてしまったら大変です。

シーリングは初めは柔らかく弾力性がありますが、年数が経つとだんだん硬化していきます。

これはシーリング材には可塑剤という柔軟性を持たせる薬品が含まれていますが、

紫外線によって揮発していきます。可塑剤が揮発すると、シーリング材が固くなっていき、

建物の揺れやサイディングの伸縮に耐えられなくなりひび割れを起こしてしまいます。

なのでシーリングは外壁塗装をする前に必ずメンテナンスしないといけません。

窯業系サイディングの目地部は打ち替えと言って、既存のシーリングを一度撤去します。

 目地のシーリンングを撤去したら、マスキングをしてプライマーを塗布します。

そしてシーリングを打設していきます。

シーリングを目地に打設したら、へら押えをして整えて行きます。

こんなかんじですね。

シーリングが乾いたら塗装の工程に移っていきます。

このように外壁塗装をする前には様々な下地処理をし、下地の状態を整えてから塗装の工程に入ります。

外壁の傷み方はお家ごとにそれぞれ異なりますので、そのお家の傷みに合った下地処理を行わないといけません。

まずはご自身のお家の傷みを知る為に無料の建物劣化診断をしてみては如何でしょうか!

 

とちのき塗装テックは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り対策専門店です。

とちのき塗装テックは創業92年のKPCグループ(郡山塗装)です。

屋根塗装・外壁塗装をお考えの際はとちのき塗装テックにお気軽にご相談ください!

お問い合わせコチラ

 

屋根塗装や外壁塗装の他にも雨漏り対策・シーリング工事・屋根改修・外壁改修・ベランダ防水・屋上防水・各種リフォーム工事・玄関ドア交換など、お住まいのことならなんでもお任せください!

 

【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)

住所:栃木県那須塩原市島方31-3

電話番号0120-123-560

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

営業時間 900~1800

 

屋根塗装・外壁塗装のプランはコチラ↓↓

外壁塗装・屋根塗装メニュー

 

那須塩原市・大田原市・那須町・大田原市周辺の施工事例はコチラ↓↓

とちのき塗装テックの施工事例

 

YouTubeはじめました!チャンネル登録よろしくお願いします!

とちのき塗装チャンネルはコチラ

 

LINEでの相談もお待ちしております!

LINEのID検索にて「@395jrbvp」を入力!!お友達登録よろしくお願いします!