塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町】屋根塗装スレート瓦(遠藤)屋根塗装・外壁塗装・防水工事・雨漏り対策はとちのき塗装テック

スタッフの日常 2021.03.21 (Sun) 更新

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町近辺のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく㈱とちのき塗装テック(プロタイムズ那須塩原店)の遠藤です!

 

とちのき塗装テックは建設業許可を取得しています。

しっかり許可を受けた会社なので安心です。

現場調査の内容を少しご紹介します。

屋根塗装と外壁塗装をお考えとの事で、先日現場調査しました。

まずは屋根から。

スレート瓦(コロニアル)が使用されている屋根ですが、全体が紫外線の影響で色褪せしております。

色褪せしていると言う事は表面の塗膜の防水機能が低下している可能性が高いです。

 スレート瓦(コロニアル)に水を吹きかけて、表面の塗膜の防水性があるかテストします。

この屋根(スレート瓦、コロニアル)は水を吹きかけたそばから、じわじわをスレート瓦(コロニアル)

に水が浸透していきました。

全く撥水性がなく表面の塗膜の防水性が切れている状態と診断されました。

防水性がきれると、スレート瓦(コロニアル)が吸水し湿気が溜まります。

すると上の写真の様に苔やカビが繁殖してしまします。

美観性を損ねるだけでなく、苔の根から放出される根酸という酸が、スレート瓦

(コロニアル)を酸化させます。酸化したスレート瓦(コロニアル)は脆弱化し、

割れやすくなてしまうので要注意です。

 

ひび割れも起きています。

 

屋根塗装後はこちら。

如何でしょうか?屋根塗装を行った後は光沢感が全然違います。

このように艶が出ている状態であれば表面の防水が保たれているので、

雨が降ると屋根が撥水し、雨水が浸透せずに流れ落ちます。

スレート瓦(コロニアル)の屋根塗装をする際は、縁切りと呼ばれる作業工程も欠かせない為、

屋根塗装する際は十分注意して下さい。

縁切りについては別のブログでご紹介しますので、ぜひそちらもチェックして下さい!

 

とちのき塗装テックは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り対策専門店です。

とちのき塗装テックは創業92年のKPCグループ(郡山塗装)です。

屋根塗装・外壁塗装をお考えの際はとちのき塗装テックにお気軽にご相談ください!

お問い合わせコチラ

 

屋根塗装や外壁塗装の他にも雨漏り対策・シーリング工事・屋根改修・外壁改修・ベランダ防水・屋上防水・各種リフォーム工事・玄関ドア交換など、お住まいのことならなんでもお任せください!

 

【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)

住所:栃木県那須塩原市島方31-3

電話番号0120-123-560

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

営業時間 900~1800

 

屋根塗装・外壁塗装のプランはコチラ↓↓

外壁塗装・屋根塗装メニュー

 

那須塩原市・大田原市・那須町・大田原市周辺の施工事例はコチラ↓↓

とちのき塗装テックの施工事例

 

YouTubeはじめました!チャンネル登録よろしくお願いします!

とちのき塗装チャンネルはコチラ

 

LINEでの相談もお待ちしております!

LINEのID検索にて「@395jrbvp」を入力!!お友達登録よろしくお願いします!