塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

シーリング撤去あれこれ(吉原)

2022.01.20 (Thu) 更新

㈱とちのき塗装テック 鹿沼事業所の吉原です。宇都宮市南部西部・鹿沼市・壬生町・栃木市の「外壁塗装・屋根  塗装&リフォーム」「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、とちのき塗装テック 鹿沼事業所・KPCグループ ウチックスにお任せください!!

 

 

シーリング打ち替えの現場にも色んなパターンがございます。

  

現在通常ですと継目目地には亜鉛メッキ鋼板のハットジョイナーを使用するのですが、上の写真では樹脂製のジョイナーが使用されております。

シーリング撤去の際は大概、カッターナイフで旧シーリングに切れ目を入れていくのですが、少し深くカッターを入れてしまうとジョイナーが壊れてしまうというなかなか職人泣かせな代物です。

お次は。。。きちんとカッター入れたのに旧シーリングが引っかかると思ったら、ジョイナーに1.5㎝程の隙間が有り一部だけ3面接着状態になっておりました。きちんと除去し、バックアップ材にて処置致しました。

ちょっとした初期施工不良ですね。

そして上の写真、目地の上部と下部の撤去ムラに差があります、綺麗に撤去したように見える下部が実は問題で

①プライマーの施工不良か②濡れている状態で施工されたか③充填不良か、いずれかの理由でそもそも接着していなかったと思われます。

その他にも、2液型シーリング材の練り不足による内部硬化不良も良く見られる施工不良の一つですね。

当社では1液タイプのシーリング材を使用しておりますので硬化不良とは無縁でございます。

 

最後に、一般的な窯業系サイディングのお宅をシーリング撤去するとこれだけの量が廃棄されます。他に新規充填にに使用するプライマー廃材・有機溶剤廃材等が出ますのできちんと廃棄物処理しないといけません。   

当社ではきちんと表示した産業廃棄物収集運搬車を用意しておりますので安心してお任せください。

 

お住まいのお困りごと外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!

栃木塗装テックお問い合わせ

また、とちのき塗装テックは、一般住宅はもちろん工場倉庫・各種プラント等の塗装や塗床・サイディング工事大型建造物改修・鋼構造物塗装、屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。

HP・お問い合わせは↓↓からどうぞ。

工場・倉庫塗装お問い合わせ

とちのき塗装テック 鹿沼事業所|宇都宮市南西部・鹿沼市・壬生町・栃木市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店栃木塗装テック、適正価格で評判の見積もりを実現いたします。