塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

屋根の防水性が低下すると…(田子)【那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町周辺の屋根塗装、外壁塗装ならとちのき塗装テック】

2021.09.16 (Thu) 更新

那須塩原市・大田原市・矢板市・那須町周辺のみなさん、こんにちは!

屋根塗装・外壁塗装専門店のとちのき塗装テックです!

今回のブログを執筆させていただく那須塩原支店の田子です!

 

本日は、屋根の防水性が低下することで起こる劣化症状等をご説明していきます。

 

苔・藻の発生

屋根の防水性が低下すると、雨水が染み、苔や藻が発生する恐れがあります。苔や藻が生えた屋根は水分を常に含んでいる状態となりますので、屋根材が脆くさせてしまいます。

 

屋根材の反り・ひび割れ

<反り>

 

<ひび割れ>

 

屋根材に染み込んだ水分は、暑い日や寒い日に膨張して屋根材の割れや反りの原因となる恐れもあります。

屋根材に生じた割れや反りから雨水が侵入してしまうと、劣化が進行してしまいます。

 

 

以上のような症状がみられますと、防水性が失われている可能性があります。

この劣化症状を放置しておきますと、劣化が進行し、雨漏りの要因となってしまう恐れもあります。

屋根の状態はご自分で確認しづらいため、専門家等に診断を依頼し、早めにメンテナンスすることをお勧めいたします。

 

とちのき塗装テックの劣化診断では、下の写真のような防水性テストも行っています。

<防水性テスト>

防水性テストでは屋根材に水道水を吹きかけて、撥水性・防水性が保たれているかどうかを確認します。

撥水性・防水性が保たれている屋根材では、水が玉のように流れ落ちていきますが、防水性が低下している屋根材では水がジワジワと染み込んでしまいます。

このようなテストを行うことで、藻や苔が発生していなくても防水性が保たれているかを確認することが出来ます。

 

「屋根の状態を知りたい!」「建ててから1度もメンテナンスをしていないけど大丈夫?」などお住まいのことでお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

【とちのき塗装テック那須塩原支店(プロタイムズ那須塩原店)】

住所:栃木県那須塩原市島方31-3

電話番号:0120-123-560

年中無休(年末年始・GW・お盆は除く)

営業時間 9:00~18:00

お気軽にお電話ください!